介護士に向いている人の性格や特徴
2016.09.01

subimg04介護士に限ったことではなく、どのような仕事にも向き不向きというのは存在していますし、性格に合った仕事を見つけることができれば長続きしやすいと言えます。一般的にこの業務は引く手あまただと言われていますが、職に就いている人のタイプに合わないと長時間働くことが難しいです。タイプに合っている人が介護関連の仕事に従事するということが理想的なのではないかと思われます。さて、この業務に就くのに相性が良いとされる特徴を列挙していきますが、うってつけだと言える人のタイプは次のようなタイプです。第一に、誰かと意思疎通を図るのが得意な人であり、理由は介護を必要としている人のみならず、一緒に働いている人と話す機会もあるからだとされています。意思疎通が図る能力は他の職業においても必要な能力ですが、介護関連の業務は他のスタッフと一緒に遂行していくということも大切であると言われています。協力して仕事をこなすのに、その能力がなければスムーズに進みにくくなります。なので、意思疎通を図る能力は介護関連の業務において重要だといっても過言ではありません。

第二に、体力に自信があるという特徴も介護士に向いているタイプの一つとして挙げられています。この業務は長時間にわたって働くという傾向があり、夜に労働するという勤務形態もあります。また介護を必要とする人の世話をするために行動することが少なくないので、仕事ができるようにするためには十分な体力を持っていることが大切になってきます。仕事を続けていけるようにするために常日頃から自身の体調管理をきちんとしていくことも必須です。その次は、感情的にならないで話を聞くことができるという人だとされています。介護関連の業務に就くと、認知症を患っている人と触れ合う機会が出てきます。その人たちとコミュニケーションを取る度に感情的になっていては仕事にならないですし、今後の業務にも支障が出てくるようになります。また、まともに話を聞いているとストレスが溜まる場合があるので、話をあまり気にしないで聞くことができる人は有利だと言えます。

これら以外にも、年配の人たちから人気を得やすいという特徴なども介護士に合っている人のタイプとして挙げられています。就職しやすい職業の一つであり、かつ人手が足らない状態であるので安定していると言えます。しかし、安定しているという側面で選ぶだけではなく自分が以上に挙げたタイプに該当するかどうかを確かめることも仕事選びでは大事なことです。

▲ ページトップへ